ローンを組む前に融資に関する知識を身に着ける

■サラ金カードと同様、使いすぎ、借りすぎに注意をして無理のない返済計画を立てて利用すること。
■消費者金融は遅延損害金による収入を目当てに数日の遅延なら見逃す会社が多々あるが、カードローンは1日の遅延でも新規貸出を停止にし債権回収する(契約書面に記載)のが一般的である為、返済日には充分な時間・金銭的余裕を持つこと。
■有担保型は、収入など利用者の属性を考慮せず、抵当物件の評価額に応じて貸付枠を設定する金融機関も有る為、無担保型より高額な貸付枠と長期プライムレートに連動する低利な金利で利用できるが、延滞などの貸倒が生じた場合抵当で債権回収されるため、返済計画にはより充分に注意されたい。
■万一カードが変造などで不正利用された場合、キャッシュカードと同様の補償規定の適用可否を確認する必要がある。また、カードや暗証番号の管理には日頃から充分気をつけたい。

ウィキペディアより引用

▼金融ニュース